Linux swaksを使って簡単メール送信試験

linux

メールに関するインフラの面倒をみてると、メールの送信試験をしないといけないことが度々発生しますが、その度に「telnet localhost 25」みたいな感じでコマンドを打つのは割と面倒くさくて、1行コマンドでぱっと済ましたいと思ってしまいます。調べるといろんなコマンド(sendmailやmailxなど)がでてきますが、今回は割と便利なswaksコマンドを紹介します。

インストール

# yum install --enablerepo=epel swaks

サンプルメール

# swaks -t user@test.com -f user@example.com --h-Subject test-mail --attach /tmp/temp.txt --server localhost

上記例は、宛先:user@test.com/送信元:user@example.com/件名:test-mail/添付ファイル:/tmp/temp.txt/メールサーバ指定:localhost という指定内容でメールの送信を行っています。

# swaks -t user@test.com -f user@example.com --h-Subject test-mail -tls --tls-protocol sslv3 -a PLAIN -au user@test.com -ap PassWord --attach /tmp/temp.txt --server localhost

上記例は暗号化と認証を加えたパターン

オプション

manが使えるので詳細はそちらをご覧ください。以下はよく使うものなど。

オプション説明
-t宛先メールアドレス ※指定しない場合は、ログインユーザー名@host名となる
-f送信元メールアドレス
–h-HEADERHeader付与 ※HEADER部はheader項目名を指定
–body本文
–h-Subject件名
–attach添付ファイル
–serverSMTPサーバ
–portSMTPサーバへ接続するポート指定
-aSMTP認証を行う
-auアカウント
-apパスワード
-tls暗号化
–tls-protocol暗号化プロトコル

コメント

タイトルとURLをコピーしました