Apache Log4j 脆弱性診断 by TrendMicroツール

linux

Apache Log4j の脆弱性の調査用ツールがTrendMicroから無償で提供されたということで使ってみることにした。脆弱性についてはコチラを参照。

興味を持ってもらうためにとりあえず診断結果の画像貼り付け

使い始めるまでに

  • アカウント登録
    • 以下、URLの右側に情報入力する項目があるので入力、内容は簡易なので省略
Welcome to the Trend Micro Security Assessment Service
The Trend Micro Security Assessment Service delivers three unique options to quickly and easily uncover undetected threats found within your organization.
  • コード認証
    • 入力後、登録メールアドレス宛に認証コードが届くので入力
  • ログイン
    • ログイン後、下記のような画面が表示されるので、「開始する」

調査方法(外部診断)

ログイン後、画面右に下図のようなものがあるのでそちらで簡易診断をできるみたいです。

※注:FWでブロックや、存在しないドメイン名でも診断結果は「脆弱性無し表示になるので、入力ミスなどを考慮すると診断結果を鵜呑みにすることはできません。

調査方法(内部診断)

診断ツールをインストールしてレポートを出させる手法。ツールはWindows版、Linux版、MacOS版の3種類存在。ツールはダウンロードして使う。今回はlinux版(AmazonLinux)で実施してみた。

解凍すると以下の5ファイル有り

-rw-r--r-- 1 root root      226 Dec 22 15:42 checksum
-rw-r--r-- 1 root root     7937 Dec 22 15:44 checksum.p7
-rw-r--r-- 1 root root       86 Dec 22 15:42 manifest
-rw-r--r-- 1 root root     4378 Dec 22 15:42 README
-rwxr-xr-x 1 root root 26580632 Dec 22 15:42 tmxbc

READMEの中身を確認

  1. はじめに
  2. ヘルプとかの紹介
    • オンラインヘルプ
      • https://docs.trendmicro.com/en-us/enterprise/trend-micro-xdr-online-help.aspx
    • Linuxの展開手順の詳細
      • https://docs.trendmicro.com/en-us/enterprise/trend-micro-xdr-help/LinuxDeployment
  3. インストールの仕方
  4. インストール後の検証
  5. 制限事項
  6. 連絡先
  7. トレンドマイクロについて
  8. ライセンス契約

READMEだけを見ずに、下記のLinux用オンラインヘルプを見て実施したほうがいい。(インストール時にエラー出たので)

https://docs.trendmicro.com/en-us/enterprise/Trend-micro-xdr-help/LinuxDeployment
  • 証明書の署名と発行者が有効であることの確認
# openssl cms -verify -binary -in checksum.p7 -inform DER -verify -content checksum -purpose any -certsout need_to_check.certs -out /dev/null
Verification successful
# openssl x509 -noout -subject -issuer -in need_to_check.certs
subject= /C=US/O=DigiCert, Inc./CN=DigiCert Trusted G4 Code Signing RSA4096 SHA384 2021 CA1
issuer= /C=US/O=DigiCert Inc/OU=www.digicert.com/CN=DigiCert Trusted Root G4
# sha256sum -c checksum
./tmxbc: OK
./README: OK
./manifest: OK
  • インストール
# ./tmxbc install
Verifying root access... Done.
Checking for existing Endpoint Basecamp installation... Done.
Verifying installation package... Done.
Verifying platform support... Done.
Installing Endpoint Basecamp... Installation complete.
  • 情報がTrendの管理画面に上がってくる
  • レポートを生成し内容の確認
  • 診断結果の確認

診断後、不要なら

レポートを出し続けるっぽくってプロセスがずっと動いたままの状態

# ps -ef | grep tmx
root  29389  1  0 15:17 ?  00:00:01 /opt/TrendMicro/EndpointBasecamp/bin/tmxbc service run

おぉsystemdにもおるやんけ

# systemctl status tmxbc
 tmxbc.service - Endpoint Basecamp service
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/tmxbc.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Thu 2021-12-23 15:17:16 JST; 56min ago
 Main PID: 29389 (tmxbc)
   CGroup: /system.slice/tmxbc.service
           mq29389 /opt/TrendMicro/EndpointBasecamp/bin/tmxbc service run

ごめんなさい。オンラインヘルプとかも探しましたが、公式のアンインストールの仕方は調べてもわかりませんでした。

# systemctl disable tmxbc.service
# systemctl stop tmxbc.service

コメント

タイトルとURLをコピーしました